DQMSL ともの会

三度の飯よりDQMSL。DQMSLの攻略に関するブログです。 ※ブログタイトルはDQMSLのユーザー名にちなんだもので互助会的なものではありません。

カテゴリ: DQMSL 装備

今回はいろいろと強くなったカンダタ一族の特技を試し打ちです。

_20191124_152959


とりあえずゴールデンマッスルにカンダタむそう+100%をつけています。
でもこのゴールデンマッスルは系統王の特性みたいに場にいるカンダタ一族全体に効果があるので、親衛隊辺りに装備させて、カンダタは斬新アップ系の装備の方が良かったかもしれません。


と言う訳でいつものように聖なる巨竜で試し打ちです。

ちなみに聖なる巨竜は防御二段階さげ、さらに全系統防御さげ、こちらはバイキ状態で比較します。

まずはカンダタむそう+100%
_20191124_172028

2連携でダメージは780前後です。まずまず。
元の倍率が低いので+100%でもそこそこのダメージでした。
防御と素早さまで確率で下げられるのを考えると少し実用的になったかなと言う程度ですかね。
特性のときどき力ためが出れば一発1500越えですから、ドレアム超えは出来ます。
でも、結局ときどきなので、安定感には欠けます。

続いてむほう斬り+20%
_20191124_172013

いきなり力ためがあるので結構強い。
ちなみに竜神剣を装備しているので10%増しになってます。

最後にカンダタ盗賊斬+30%
_20191124_152854

※ここだけドレアムサンドです。

これはなかなか良いです。
3連携が乗ってこのダメージなので、連携無しなら600弱です。
それでもSランクと言う事を考えれば破格の強さですね。
S以下ミッションの物理では最強クラスです。

ちなみに比較用の猛者たちを見てみると
・ドレアム、真・魔神の絶技(星44、はぐれメタルの剣)
_20190908_214605


・エスターク、必殺の一撃(星44、帝王のつるぎ)
構えなし
_20190713_214137

構えあり(力ため後)
_20190713_214213


・闇の覇者竜王、覇者の竜牙(無星、魔神のかなづち)
_20190713_214155


・破壊の邪神シドー、邪神の乱撃(無星、竜神のつるぎ、呪いレベル5、ドルマ弱点)
_20191023_080441



こうやって比べてみるとかなり見劣りしてしまいます。
比べる相手が悪いのですが、実際に使うとなると???系ならカンダタよりもドレアムやオルゴでいいし、おやぶんならエスタークで十分です。
カンダタ一族縛りのミッションでもない限り使う機会はなさそうです。

と言う訳でカンダタ一族の特技の試し打ちでした。
決して弱くはなくそこそこ強くなったのですが、ドレアムやオルゴを差し置いてスタメン入りする程ではない、と言う感じです。
唯一、カンダタ親衛隊はS以下ミッションでこれからも結構使えそうですね。

ではでは。

今回の星降り杯の目玉商品、追加で超高速連打を早速ゲット出来たので試してみました。

_20190908_215105


主役はもちろんこのお方!
_20190908_212431


種を攻撃に振って、斧装備で攻撃力710まで上がり、なかなかいい感じです。

と言う訳で、今回も永遠の巨竜にサンドバッグになってもらいました。

まずは比較用のドレアムです。
星44で、はぐれメタルの剣に斬撃3%アップ付き、攻撃2段階アップ、防御2段階ダウン、さらに系統防御下げ状態でこのぐらいでした。

_20190908_214605



そして、ドラゴンガイアの超高速連打です。
ドレアムと同じ条件でさらに体技防御2段階ダウンで、前半の超高速連打でこのぐらいで
_20190908_214634


追加分はこのぐらいです。
_20190908_214650


前半と追加分で少しダメージに差があり、どうやら追加分は特技のプラスは反映されないようです。

と言う訳で超高速連打+3でも、合計倍率は
0.6×5×2=6
にはならずに、
0.6×5+0.5×2=5.5
になります。

それでも体技で倍率5.5ですから、大したものです。

実際のダメージを比べると、
ドレアム→約980×6=約5880
ドレアムガイア→約720×6+約650×6=約8,220

ガイアの方は体技防御ダウンでさらにダメージを上げられるので、ドレアムを軽く越えられます。
クエストで使う機会もあるかも?
ただ、ドラゴン縛りだったらやはりブレスでしょうから、ブレスが使えない時のドラゴン縛り?
ドラゴンで体技防御下げ出来るモンスもいないし、使う機会はあるかどうか…


そして、もうひとつ気になるこちらも試してみました。
_20190908_214709


剛竜剣に超高速連打+50%です。

これで先ほどと同じ条件下でこのぐらいダメージ出ます。
_20190908_214734


こちらもなかなかです。
合計ダメージは
約1,200×6=約7,200
追加で超高速連打ほどではありませんがドレアム越えは果たせました。
防御力が高い相手に対しては、追加で超高速連打よりもこちらの方がダメージが出る場合もありそうですね。


と言う訳で追加で超高速連打の検証でした。
なかなか面白い装備を出してきましたね。

ではでは。

今回追加された装備のメガトンハンマーを早速+7にしてきました。
_20190617_003321


この装備は通常攻撃をアイアンヒットと言う面白い効果です。

特技のアイアンヒットの方は必中の防御力依存体技ですが、装備の方は少し違うようです。
相違点は後程。


と言う訳で早速試し打ちです。
まずはゴッデスリーダーのメタカイです。

_20190617_003523

一族のきずなとスカラ付きです。
素殴りで900となかなか良いダメージが出ますね。


続いて自然パ代表でメタスコです。
GPを想定してポセイドンリーダーで、このくらいダメージが出ました。
_20190617_003439

こちらも素殴りで900と良いダメージが出ました。
メタスコはAI2ですから、これが二発と考えるとなかなかですが、実はこれ必中ではないのですね。
_20190617_003457

二発目は普通にミスりました。
これが冒頭に言った特技のアイアンヒットとの相違点です。
特技は必中、装備はミスあり。


そして、クエストで盛り盛りダメージを出してみようと思いこの子を連れて行きました。
_20190617_003540

カブトムシ君ことヘラクレイザーです。
実は防御力が自然系統で一番だったりします。

防御力20%アップサンドでカブトムシ君でもこのくらいダメージが出ます。
_20190617_003632


アイアンヒットは体技なので体技防御を下げればこの二倍は出るかと思ったのですが、体技防御を下げてもこんなでした。
_20190617_010021

あれ?さっきと変わらない。
と言うことは体技ではないと言うことですね。
これが特技のアイアンヒットとのもう一つの違いです。

それでもカブトムシ君でも素殴りで1200弱出ますから大したものです。


と言う訳で、メガトンハンマーの効果のアイアンヒットは特技のアイアンヒットとは似て非なるものであることがわかりました。
必中ではなく、体技でもないと言うことです。
要は通常攻撃が単に防御力依存になったと言うことですね。

それでも、GPではメタカイやメタスコに装備させるのは悪くはないような気がします。
特にAI2のメタスコやクジラ辺りに装備させれば防御力がアップした状態なら素殴りで2体落とせる位のダメージは出そうです。

と言う訳でメガトンハンマーの検証でした。
防御力依存はなかなか面白い装備ですね。

ではでは。

前回からの続きでサタンヘルムの記事です。

_20181201_144602


賢さの異なるモンスでいくつか検証してみましたが、回復量は+なしのベホマラーと同じっぽいですね。

なので以前の記事から一点訂正がありまして、アウルートのインテは乗らないと言いましたが、正しくはインテが乗らないのではなく、賢さキャップ(恐らく500)があるようです。
回復のコツも乗るようです。

実際に賢さ別に試してみると
賢さ112
_20181203_122828


賢さ201
_20181203_122840


賢さ301
_20181203_122853


賢さ400
_20181203_122904


賢さ499
_20181203_122920


そして賢さ386➡️インテ2段階で772と回復のコツ
_20181203_122933


2ターンに一回自動でベホマラーがかかると思うとかなり強力な装備に感じますね。
自動MP回復でMP全消費しても動けるキャラには適正な装備になりそうです。
巷ではハーゴンが最適解と言われつつあるようですが。

ではでは。

このページのトップヘ