DQMSL ともの会

三度の飯よりDQMSL。DQMSLの攻略に関するブログです。 ※ブログタイトルはDQMSLのユーザー名にちなんだもので互助会的なものではありません。

カテゴリ: DQMSL クエスト

暗黒神の襲来も復刻しているので久しぶりにやってみました。
当時は本当に難しかったですが、インフレの波に乗って今となっては本当に簡単です。

まず、ノーデス一枚抜きからです。
この二つは同時に達成出来ます。

前に記事で紹介した、超ハーゴンサンドにりんねの盾装備のケトス浮遊で行けます。


これでケトスは属性ダメージ無効、無属性も90%カットですから、本当に楽チンです。

イオナズンも
_20200507_081547


ドルマドンも
_20200507_081602


空中ふゆうで全くダメージ受けません。
_20200507_081617


神々の怒りもペチペチと
_20200507_081701


暗黒神掌が少し痛い位でやっと100前後
_20200507_081636


適当に削って行けば
_20200507_081740


ノーデス余裕です。
_20200507_081748


そして、最速ターンも超ゾーマサンドなら
_20200507_081800


わずか2ターンです!
_20200507_081811


本当に簡単になりましたね。
復刻するならミルドラースの扉にまた挑戦したいところです。
超魔王も揃って来たし、今ならかなり簡単そう。

ではでは。

今月の呪われし魔宮を終わらせてきました。
今月は簡単ですね。

今月のメダルは232枚でした。
_20200501_080556


クリアパーティの紹介です。

まずは、宝珠20個です。
これは昨日の記事の安定攻略パで行きました。
_20200501_080638

今回もノーデスでクリアです。
_20200501_080703

昨日の宝珠20個???系なしノーデスの記事はこちら⬇️


悪魔系のみで宝珠6個、宝珠6個を6ターン以内は同時に行けますね。
_20200501_080728

_20200501_080740


物質縛りはこちら
_20200501_080805

ついでにヘルスピナーを試してみました。
マターの系統王の特性で力貯めでこれなのでそんなに強くはないですね。
結局スピナーズは落ちて、いつもの暗黒の魔人二体でクリアです。
_20200501_080817


あ~パスで超魔王来ないかな。

ではでは。

暗黒の魔人のぶらり二人旅から始まった魔宮攻略シリーズも遂に完結です。

暗黒の魔人ぶらり二人旅


暗黒の魔人サンドで???系、超魔王無しで宝珠20個

暗黒の魔人サンドに超竜王2体運用で???系無しで宝珠20個


完結編と言うことで、今回は???系無しで宝珠20個をノーデスで達成しました。

ノーデスで20個ですから、まさに呪われし魔宮完全制覇と言えるのではないでしょうか。

いつもの暗黒の魔人サンドで、少しパーティを変えました。
変えたのは、以下の二体です。
ゴルスラ→トワイライトメア
超竜王2号→超ピサロ

と言う訳でこんなパーティです。
_20200430_113439


装備はこんな感じにしています。
_20200430_113450


ゴルスラを馬に変えたのは、天色の後半の絶対零度によるマインド対策です。

超ピサロは高い耐久力とねだやしの業火でマダンテのダメージ軽減狙いです。

と言う訳でノーデスが難しい天色から行きました。

とりあえず超ピサロは怪物形態に変身して、ねだやしの業火を打ちます。
_20200430_113511


お供の回復封じも地味に面倒なので、ピサロの憤怒と、
_20200430_113528

超竜王の竜牙ですぐに落とします。
_20200430_113537

途中のマダンテもねだやしの業火のお陰か大分ダメージを抑えられます。
_20200430_113553

そして、装備でほしくずの剣とぎんがの剣にしてますので、防御と系統防御両方とも下がれば、暗黒の魔人の素殴りで1000を超えるダメージが出ます。
_20200430_113626

そんなわけでノーデス行けました!
_20200430_113654


続けて紅蓮ですが、これも多少事故るかなぁと思いましたが、安定して行けそうです。
_20200430_113728

グレイナルと馬をおおいかくして、超魔王組は仲間呼ばれた時だけ全力で落としに行って、あとは防御していればノーデス安定します。
_20200430_113739


彩色も多少事故要素はありますが、基本馬をおおいかくして、
_20200430_113816

超竜王で攻撃で行けます。
_20200430_113842


あとは事故要素もあまりないので簡単です。

金色
_20200430_113900

紫紺
_20200430_113913

翠緑
_20200430_113926

琥珀
_20200430_113939

群青
_20200430_113958


そんなわけで、宝珠20個を
_20200430_114017

ノーデスですから世界樹の葉を二枚残して、
_20200430_114048

もちろん財宝も取って、
_20200430_114108

クリアです!

魔宮の主様は流石の強さですね。
来月の魔宮のミッション追加は明日ですか。
これで宝珠20個ノーデスミッションが来ても余裕で行けます。

ではでは。

超魔王フェスの210連で唯一手に入った確定枠の超竜王ですが、星を重ねる前に試しておこうと思っていたことが。

魔宮の2体運用です。

最近の記事で、呪われし魔宮を???系も超魔王系も無しで宝珠20個達成したことを報告しました。

この右の二枠は火力が高いモンスターで代替可能なのですが、ここに超竜王を二体いれとくのがベストだろうなぁと思っていて、それを試して来ました。

やはりこの方が簡単かつ早いです。

彩色
_20200428_220249


金色
_20200428_220324


紫紺
_20200428_220345


琥珀
_20200428_220359


群青
_20200428_220416


翠緑
_20200428_220435


紅蓮
_20200428_220452


天色
_20200428_220507


この順で攻略しています。
事故る可能性があるのは彩色と紅蓮、天色の3つです。
それでも安定感はかなりあります。
魔宮20個???無しの最適解の可能性すらあります。

天色だけはノーデス出来ないですが、最終行動パターン前までは結構みんな残れます。
_20200428_220520

大体この後のマダンテで魔人以外は落とされてしまうのですが、それでも元々魔人二体でもクリア出来るので想定内で事故と言う程のものでもないです。

安定感もあるし、これオススメです。
???無し20個ミッション来たら是非試して見てください。

ではでは。

前に記事にした通り、暗黒の魔人なら二体だけでも呪われし魔宮の琥珀、群青、紅蓮、翠緑を撃破出来て、


さらに暗黒の魔人星4なら天色(アマイロ)も二体で行けます。


と言う事は、余っている4枠を上手く使って紫紺、金色、彩色を倒せば宝珠20個の完全制覇が出来ると言うことです。

で、実際に試したところ、宝珠20個達成出来ました。
せっかくなので追加枠4枠は???系超魔王以外にして、???系&超魔王無しで宝珠20個達成です。
_20200426_104236


財宝もちゃんと取ってます。
_20200426_104309


一番難しい彩色から行きました。
ゴルスラをおおいかくして、ゴルスラでやすらぎの光、魔人で暗黒しょうへきで体技ぼうぎょを上げておけば、何とかなりました。
_20200426_104346


金色はフバーハをかけ続けておけばまぁ行けます。
_20200426_104410


_20200426_104421


紫紺は簡単でした。
お供をとにかく早く落とすことを意識する位です。
_20200426_104439


あとは魔人二体でも倒せるので、魔人以外は落ちても気にせず進めます。
天色は魔人二体だけになってしまいましたが、殴り倒しました。
_20200426_104706


琥珀はラザマナスで眠らせて簡単でした。
_20200426_104722


と言いつつ、最後に犬の衝撃波で危なかったですが。
_20200426_104737


この琥珀戦と群青戦で些細な発見がありました。
ラザマナスの特性「不滅の王」は死んでいる状態でバトルがスタートしても発動すると言うことです。

ラザマナスは琥珀戦で落ちたまま群青戦に行ったのですが、この通りいきなり復活してスタートです。
連戦するクエストなら便利ですね。
_20200426_104808


そして、群青も無難に撃破して
_20200426_104846


残りの緑翠と紅蓮も簡単でした。
_20200426_104859


_20200426_104946


と言う訳で暗黒の魔人サンドで宝珠20個でした。
グレイナルとゴルスラは必須だと思いますが、他の2枠は単体火力が高いモンスターなら代用可能です。
とりあえず、火力が高いクニクズシと蘇生も出来て耐久力と火力もあるラザマナスを使ってみました。

ラザマナスのクエスト運用は結構ありですね。
蘇生も出来るし、状態異常を撒けるし、火力もあるし、一度倒れても復活する特性も便利です。
GPでも良し、クエストでも良しの良新生でしたね。

ではでは。

このページのトップヘ